作業員

解体工事で土地をスッキリ【素敵なコンストラクション】

シャッターの導入を考える

シャッター

戸建て住宅にもシャッターの設置が増えています

シャッターは、開け閉めの操作が簡単にできることが、主婦にとっては魅力です。上から下に引っ張り、ロックするだけで閉めることが可能です。開けるときは、下から上にある程度まで引き上げれば、あとは巻き上げてくれるため、こちらの作業も簡単にできます。さらに進化したシャッターは、その開閉作業が電動化した、電動式シャッターです。窓を開けることなく、室内でのボタン操作で開閉が可能です。戸建住宅用のシャッターには、幾つかの種類が販売されています。それぞれに金額が異なります。予算に合わせたシャッターを導入したいのであれば各見積もりなどを行なうと予算を考慮して選ぶことが出来ます。

換気や採光も電動化された最新タイプ

電動化されたシャッターは、手動のタイプよりも防犯性が高まることも人気の一つです。電動化となると、手動タイプよりも金額が上がるため、開閉の多い一階部分に設置されるケースが多くなります。人気のタイプは、シャッター後でも、外からの換気や採光ができるタイプです。スリットと呼ばれる通気孔がついているタイプで、ボタン操作によりこのスリットを開いた状態にすることができます。すると、ここから空気や光を取り込むことが可能になります。シャッター本体もスリットもすべての操作が電動化されているタイプですと、雨の日や冬場の寒い朝などの開閉もとても楽になります。カラーも外壁に合ったタイプを設置することができるため、見た目もスマートです。